« あるのでなんとか | メイン | ロック »

2023年12月21日

ユニファイ

カウンターでミシンすると困るナンバーワンはフットコントローラー。
床までケーブルが届かないので立ってフットコントローラーが使えない。
そのためロックミシンを使う時は
セノビーにフットコントローラーを置き
片足上げて操作する粋な波止場スタイルで縫う。
これが結構辛いのでロックミシンはなるべく使わず作る。ザ・本末転倒。

そうだ、小さめのワゴンの天板にロックミシンを置いて、
フットコントローラーを丁度良い下段に置いて、
本縫いのミシンとL字にレイアウトしたら、
カウンターチェアの向きを変えるだけで両方使えて便利かもしれない。
でも便利じゃないかもしれない。。。

便利じゃなかった時の事も考えて悩みに悩んで入手したルミナスの40cm角のメタルラック。
耐荷重と価格の兼ね合いでメタルラックしか選択肢がないのが切ない。

純正キャスターを取り付けると狙い通りカウンターと近い高さになった。いえい。
・・・でも使わない時はやっぱり邪魔。

カウンターの下に逃がせられるくらいの小さなキャスターに入れ替えたら良いんじゃ。

純正キャスターの取付高は68mm。
同じネジピッチで取付高が50mm以下の子を探そう。

ネジの規格を調べると「U3/8×16山」。なんで?M8とかじゃないの?
Uはユニファイ(インチねじ)16山は並目。
UNCはユニファイの並目でUNFはユニファイの細目。ええい紛らわしい。

DSC_3531.jpeg

これはM、あれもMと、ねじ径一覧と睨めっこして
見つけた取付高47mmの双輪キャスターエストラマー車輪、耐荷重40daNの子。
13mmのスパナで大きい方を外して、14mmのスパナで小さい方を固定。

DSC_3535.jpeg

入れ替えできた。カウンターの下にも入った。
必要な時にキャスターを入れ替えればツラ気味にもなる。上出来上出来。

投稿者 jam : 2023年12月21日 16:39