« 鶴の指輪_DaDa silver works | メイン | あいにくの雨 »

2015年03月28日

鯉の指輪_DaDa silver works

「鯉の指輪(ROF-003R)/¥30,000(税別)」
素材:silver925
サイズ(mm):巾最大33〜最小7.0 /× 厚最大5.0〜1.4
重さ:17.2g(サイズによって異なります)
リングサイズ:15〜25号(応相談)

「力の環 シリーズ」第四弾、「鯉の指輪」です。

「百瀬(ももせ)の滝を登りなば 忽(たちま)ち竜になりぬべき」

「鯉のぼり」の歌詞(三番)にあるような、鯉の滝のぼりをモチーフに、
龍になりそうな力強い鯉を綺麗にまとめてDaDaさんらしい仕上がりになっています。

P1180772.jpg

P1180769.jpg

P1180774.jpg

「河津は一名を龍門とも言い、凄まじい急流で、魚やすっぽんのたぐいでそこを登る事ができるものはない。川や海の大魚が数千匹もこの龍門の下に群がって来るが、登りきれるものはなく、もし登りきれたならば、その魚は変じて龍となるのだ。by『三秦記』
・・・という逸話とかけて李膺に認めらる事を「龍門に登る」と人々が言ました。」

この、中国の正史、二十四史の一つである「後漢書」黨錮列伝・李膺伝が「登竜門」の語源。
李膺(りよう)は剛直な性格で、相手が宦官であろうが、皇帝であろうが
命を惜しまずに筋を通す、清流派(清廉潔白な官僚)として名高い天下の模範です。

鯉の滝のぼり=登竜門(とうりゅうもん/龍門ニ登ルの意)=六々変じて九々鱗になる
六六魚(りくりくぎょ)→ 6×6=36枚の鱗=鯉
九々鱗(くくりん)→ 9×9=81枚の鱗=龍

投稿者 jam : 2015年03月28日 18:51