« 佐久島から | メイン | 薔薇 »

2010年04月05日

佐久島から・2

【雨が当たる場所に設置出来るように流木の舟を保護する】

今日のテーマです。
ちょっとだけ早起きして
JAMJAMは営業なのでツナギ着て接客の合間にお手伝いです。
ちびっ子二人組でひっくり返し、まずは舟底から。

・・・が、どぶ浸けした方が良いんじゃねーの?ってくらいに塗れません。
「きれい」とか「二度塗り」とかの次元じゃねぇよマジで。
「兎に角、全部埋まれば良いだろがっ!!」と野性化するのに5分と要りませんでした。

当然の如く、あっという間に舟底だけで1.6リットルが空っぽに。
最終的には絵筆も使って野生の甲斐もあり細部までなんとか塗装終了。
いろいろな種類の流木の個性がさらに際立ちさらにカッコ良くなりました。
(カラーはメープルよりシックなライトオークをチョイス)

塗り終わるまでの間、通りすがりの人々にめちゃ声をかけられました。
流木の長さや曲線、形状をそのまま生かして組み上げられた等身大の「何これ?」
その「何これ?」が持つその独特な引力は「すごいね」
都会の路上で思いがけず舟は触媒となったのかもしれません。

P1250029.jpg
舟底_ビフォー

P1250030.jpg
舟底_アフター

P1250040.jpg
舟_アフター

P1250047.jpg
舟@JAMJAM

投稿者 jam : 2010年04月05日 22:17