« 2019年06月 | メイン | 2019年08月 »

2019年07月31日

第64回円頓寺七夕祭り・初日

梅雨明けして急にあっつ!ってなった日の夜に壁掛け扇風機が急逝。あついのに。

お店のエアコンが逝ったのも確か七夕まつりの時期だったよーな。

なぜみんな今こそ出番ですヨって時にそーなる。

・・・飼い主に似て暑さに弱いのかなぁ。

P1270684_1.jpg

弱いながらの恒例七夕オープニングバルーン。

今年はヘリウム不足らしくバルーンの数は例年の五割。

青いお空に飛んでゆく風船を見ると晴々とした気持ちになるのは100パーセント。

投稿者 jam : 14:36

2019年07月30日

臨時休業のお知らせ

明日から七夕まつりです。

なので明日は営業です。

明後日の8月からはあいちトリエンナーレ会場にもなります。

投稿者 jam : 13:00

2019年07月28日

まひるの真夏

昨日までは聴こえなかった蝉の鳴き声が、今日はいっぱい響いてる。

それだけでも夏がしみるのに日射しも空気もナツ暑い。

P1270670.jpg

たわわな蝉の声で梅雨明けを感じ、ちょっとご満悦な昼下がりの日曜。

投稿者 jam : 14:20

2019年07月25日

オーダーブーツが出来ました。

「Bulldog Derby Boots_broken brogue 5eye / 25.0cm」

「平成にオーダーして令和で完成」という元号リレーなオーダーです。
サンプルデザインのブーツ丈を4穴から5穴にしてカカト有りタンクに
ミネルバボックスとメダリオンの範囲を広くしてトラッドパーセントも高くしました。

P1270652.jpg

P1270655.jpg

P1270656.jpg

P1270658.jpg

P1270659.jpg

投稿者 jam : 18:02

2019年07月21日

れいわ

いまは第三幼稚園だけどつい旧那古野小学校へ向かっちゃう。

押しボタン式横断歩道を渡って遠回り。

P1270669.jpg

ブーツの撮影のついでに投票の証も記念写真。

投稿者 jam : 10:24

2019年07月18日

はじめての・2

トラックパッドの反応がダメダメだったウチの子(MacBook Pro 15 mid2009)

“感度が鈍ったからバッテリーを交換した”という記事をたまたまネットで読み

「マジか!!」と慌てて交換することに。

こないだのHDD交換した時にやっぱ一緒にやれば良かったと悔やむ。

でもその時より安く購入できたから結果オーライってことにしよう。

精密ドライバーで蓋を開けるのも三回目。

P1270643.jpg

二回目の時のハードディスク。久しぶり。

P1270642.jpg

新顔のバッテリーだよ。はじめまして。仲良くしてあげてね。

蓋を戻して電源ボタンを押す・・・あれ?

まだかなぁとドキドキした頃合いを見計らったように「ジャーーーーン」と起動。

出来なかったカチっとクリックとドラッグをしてみる。

懐かしい手応えが。コレだよコレ、見事復活!いえい!!

投稿者 jam : 20:18

2019年07月11日

イタシカユシ

円頓寺本町商店街は下水道工事ナウ・・・ずうぅぅぅぅっとな。

下水道本管を2mのでっかいのに入れ替えるため
まず道路めくって仮管入れてまた埋めてを繰り返して水路を確保してから
また道路めくって2mのでっかい本管に入れ替えては埋めてを繰り返す。
1日1〜2mずつリピートして進む。晴耕雨読で土日も読。

その工事がウチの前を通過中。
めくってる音や地鳴りは牛より怪獣みたい。見た事無いけど。

本管が繋がったら今度は仮管を外す工事かぁと遠い目。

ゲリラ豪雨の浸水被害が無くなると思えばこそ耐えるけれども
一週間以上コレだと寛容や忍耐がさすがにすり減るオレがいる。

P1270631.jpg

火曜日のパワーショベルです。

P1270640.jpg

木曜日のパワーショベルだよ。

・・・と気を取り直しパワーショフォトアルバムを作っても変わり映えせずつまんないし。

投稿者 jam : 20:22

2019年07月07日

ちいさな喜び・やっつでも七夕

P1270621_1.jpg

工事がない静かな日曜の空はクレーンも長閑。

P1270625.jpg

セブンに行ったら今日のご飯が777円で

P1270623.jpg

日付を見たら7月7日の七夕で

P1270629.jpg

700円くじもアタリ。

Pocky を Lucky にしたくなった。

投稿者 jam : 15:33

2019年07月02日

嬉しい時には報告を・9

こないだ作ってた時代柄の帯のリメイククッションとオマケの数珠入れ。

さほどモノに執着&頓着パーセント低めのお義母さまがとても気に入っていたという帯。

で、これならば無下にせず置いてくれるかもと「帯をナンカにする」ご依頼だった。

愛着あるならいつも目に入って邪魔にならない生活の一部にしたほうがとクッションに。

そのリメイク依頼主、嫁なお客さまから「今日渡しました」とメールが。



P1270587_1.jpg


ソファより自分のベッドで毎晩抱いて寝ると

棺桶にもいれてねと

そこまで喜ぶとはってくらい予想外の喜びようだったと

良い物作ってくれてありがとねと



ずっと可愛がってもらえそうでほんとに良かった。

人生たちと心たちがいるモノ作りはたぶん素直もつくってる。

投稿者 jam : 21:01