« 2018年12月 | メイン

2019年01月22日

Shepherd's Delight 〜羊飼いの喜び〜

「ガラスショーケースをこう置いたら対面にできるかも」

お正月を明けてふと思いつき、思いついたらすぐやってみたくなり

パンドラの箱を開ける覚悟でふたつのGケースと背面の180cmの額

それに伴う周辺什器を民族大移動的レイ変している。

年明けるとなぜかDIYするのが毎年の恒例になってるのはきっと寒いから。

そんなトンカチモードの時にマルイチストアで半端カーテン催事が。

待ってましたと物色しにいくと100円コーナーが。いえい。

ノータックで裾はロックだけ、145x250cmのカスタム用カーテン。

生地も良く元値は5000円以上して色は真っ黒。うおっマジっすか?!

・・・そんな良いのが100円の中で光っている。

「あのぅ、すんましぇん、ここに入ってるコレもホントに100円なんでせうか?」

ぬか喜びが浅いうちにと確認したら「100円です。」とあっさり。買います。

探すと同じのが3個あったので全部ゲット。大人買いしても324円。いえい。

このカーテンを皮切りに出入り口、窓、フィッティングルーム、

バックヤードの間仕切りなど目隠し系をぜんぶ入替えることにして

サイズを合わせて裾上げしたり継ぎ接ぎしたり縫い直したりレール留め直したり。

そんな甲斐甲斐しく働く自分が好き、みたいな時に完成したCDを持って来てくれた。

去年12月にデザインしていたCD紙ジャケと盤面デザインの本物がコレ。

P1270208.jpg

10曲目がタイトルのギターソロアルバムの2nd。

P1270204.jpg

デザインの依頼も嬉しいけど完成品の仕上がりが良いと喜びもひとしお。

端から見ればどってことない事でもしたいコトがやり遂げられたら幸せな気分になる。

きっと明日は良い日だと想いながら優しい気持ちでひっそり眠れる。

飄々とした静寂の中の細い陽差しのようなもの。

「羊飼いの喜び」は「羊飼いの歓び」でもあるのだ。

Shepherd's Delight_Tetsuya Yamamoto

投稿者 jam : 14:50

2019年01月18日

シガレットホルダー・髑髏の環_CHAPMANカスタム

「スーパースリムサイズでお願いします。ガチ髑髏で。」

髑髏の環(5mmスーパースリムカスタム)

ヘルメスの羅宇・ショート

髑髏の吸い口

というウチの顧客さんらしい「作るなら最初にぜんぶいっとけ」カスタムです。いえい。

P1270181.jpg

このチャップマン(リトルシガー/ドイツ)が気持ち良い手応えで入るようにします。

P1270195.jpg

完成。ぐっと入る手応えの塩梅も良い感じ。さすがDaDaさん。

髑髏の環の6mmスリム用の直向をスーパースリムサイズにカスタムということは

Φが1mm小さいのなら0.5mmの板を内側にぐるりに巻けば丁度良いはず。理論では。

んが、現実はそんな都合良くいくはずもなく削って削って微調整して都合良くしたのだそう。

この精度の高いΦ調整カスタムはずっとサービスで対応しています。

ありがとう。DaDaさんは偉い。

投稿者 jam : 16:57

2019年01月15日

オカカメラマンデー・3

早仕舞いして行ってきました池下へ。

名駅へ向かう途中で本場成人たちが道に溢れておりました。
同窓会結婚式二次会みたいで楽しそう。そしてさすが若者、声が高くてよく通る。

二回目のおかげか迷子にならず無事10分前くらいに到着。

良い表情の時にみんなのピントが合ってますように。
・・・と都合良く祈りつついつも通りなんとなぁく撮影。すんませんホント。

ikeshita.jpg

たまの歩道橋はかならず写真が撮りたくなるの図。

キンと澄んだ空気に咽せて見上げた夜空は上弦の月。キレイでした。

投稿者 jam : 17:53

2019年01月14日

今日は20時閉店のお知らせ

ハッピーマンデーにオカカメラマンをすることになり

オカカメラマンデーふたたびの今日となりました。

成人の日なのでハートだけは大人なりたてで撮りたいと思います。

数撃ちゃ当たるで奇跡の一枚がありますよーに。

今度こそ迷子にならずスムーズに辿り着けますよーに。

投稿者 jam : 16:39

2019年01月10日

水性であること

昨年末に詩人の伊藤正人さんにいただいたお歳本です。

P1270019.jpg

彼が得た10年分の風と光の水性な景色の書き下ろし。エンボス加工のケース付き。

P1270024.jpg

しかも帯付き。なんて立派な。

したら「アインソフの鳥」も読み返してみたくなり。

P1270033.jpg

昭和時代のJAMJAMの建物が雀荘の時もあったという話から

一昨年の個展に併せて全七話に分けて配布していたもので

商店街で雀荘を営む家庭で育ったチタという人間のお話です。

表(店)と裏(家)を象徴するように「なにかともう一方」がいます。

現在と過去、熱いと冷たい、明るい暗い、、、などなど。

お歳本でもう一方が何かに寄り添ったような感覚になりました。

ありがとう。嬉しかったです。

投稿者 jam : 17:33

2019年01月08日

いつかは Z に・4

U2の " Zooropa " おーついに「Z」ラストキター!!!

・・・と思ったら忘れていたニッポンゴ。まだまだ終らなかった。

カタカナとひらがなミッくす、漢字、数字と続く。

モントレイユ(行方知レズ)
ランドマーク(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
リズム&ビートニク(怒髪天)

と懐かしき面々が。ほんと懐かしい。
久しぶりに聴くアジカンは今の方が良かったり。

次のアルバムタイトルは

「ルKュユュ�渥サュ肖タュヌ ュ�クュイ荅ュ」

10年以上前の大昔にWinからMacに以降した際の文字化け直しモレがいた。

The Blankey Jet Cityのアルバムタイトル名が長いんだねってのは分かる。

正解は「幸せの鐘が鳴り響き僕はただ悲しいふりをする」

当時はまだMD曲名カタカナ入力の時代でもあって

このアルバム内の曲「青い花」が「アオイハナ」でなんかイヤ。なんて会話してた。

MP3プレイヤー(出始め128MB時代)はそれがホラ漢字なんだよ、スゴいだろぅとも。

今はロメオの心臓。みんなラ行が大好きさ。

この後から漢字になり「悪魔のささやき ~そして、心に火を灯す旅~」byエレカシ

ラ行と悪魔も大好きだ。

投稿者 jam : 15:01

2019年01月05日

2019年&平成31年・亥年

大晦日に駆け込み大掃除。

カーテンとかガステーブルまわりや換気扇みたいな

「やったぜ」感が強い順にやれるだけやる。

正月難民にならないよう今日中にマルイチへいかなくちゃ。

生花コーナーの南天がキレイだったのでギネスと一緒にゲット。

久しぶりの生花が嬉しくて掃除そっちのけでJAMESONの空瓶に生け生け。

nanten2019.jpg

大晦日南天。やー植物があるだけで年越し気分になるもんだとひとりご満悦。

新春のコントラストはではないけれど真っ赤な実が実にクール。

nanten2019_2.jpg

元日南天。逆光もいーねと正月気分でお雑煮食べ食べご満悦。

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

難転じて福と成しますように。ウリ。

投稿者 jam : 16:03