« 今日は何の日 | メイン | ミラクル竹とんぼ_手作りの余韻・2 »

2018年11月23日

懐古ロマン

母が箪笥の肥やしとなっている着物を持って来た。
重いから両手に分けて。さーせん。

マタニティウェアなどと言うものは母の時代にはなく
調整がきく着物がその役割を果たしていたらしい。へぇ。

当時はまだ和装と洋装の転換期で、両方は経済的に大変だったため
祖母の「どっちか一本にしたほうが良い」との言葉に従い
洋服を普段着にするようにしたのだと今さらに聞く。そんな時代だったのか。

着物も洋服もよそゆきはオーダーメイドが当たり前の時代。
素材も色も柄も財布と相談して吟味を繰り返したらイヤでも目が肥えそう。

P1260978.jpg

自分のだけでは気まずいので父親のアンサンブルも一緒に作ったらしい。
にもかかわらずほとんど着てないからキレイでしょとか。着ろよ。

最近までまったく見た事がなかった着物コレクション。
にもかかわらずなぜか柄の好みは似てるのが血を感じてやや気恥ずかしい。

投稿者 jam : 2018年11月23日 16:01