« 2018年03月 | メイン

2018年04月20日

オカカメラマンデー

ヒトを撮るのは苦手。

どうしたら「今見てるこの姿」が撮れるのか見当もつかない。

マシンガン撃ちまくるみたいに何枚も撮って奇跡の一枚に賭けている。

モノを撮るほうが好き。

じっと見てもこっち見ないし

動かずじっとしてるし。

じっとしてても可愛いし。

だけど人を撮ることがたまにある。

今日はそのたまにある日。

P1250501_2.jpg

ヴィオリストを撮るとヴィオラの生演奏が聴け

P1250703.jpg

チェリストを撮るとチェロの生演奏が聴けた。わぁい。

低く響く音色は切なく強くて重く乾いてカッコ良い。

音楽家は演奏してるとカッコ良い。

人は苦手のくせについうっかり撮るっつって良かった。

使える照明を全部使ってもまだまだ光が足りなくて

もっとちゃんと撮りやすい環境にしようと思った。

投稿者 jam : 19:35

2018年04月09日

リメイクリペア

P1250362.jpg

半幅帯のメディスンバッグ(よその子)。

P1250368.jpg

生地が裂けてハトメが抜けてしまったのでなんとかすることに。

P1250369.jpg

裂けた生地をガチャ縫いして当て布してまたガチャ縫いして穴埋めと補強。

reObibag_1.jpg

摩擦で帯地がほつれていたので摩擦回避にポケットに段差を作り

バラしついでに当て布2号でほつれそうな所を補強。

P1250376.jpg

革を適当に切って

reObibag_2.jpg

糸目の孔を適当にポンチポンチポンチ。

帯に穴を開けたくなかったのでハトメからDカン仕様に。

P1250382.jpg

フラップの先っちょを革で挟み粗野な手縫いでチクチク。

ほちけ避けと補強と重し代わりに。

P1250384.jpg

そしていきなりの完成。

P1250383.jpg

フラップをめくるとこんな感ず。

P1250386.jpg

Dカン側はこんな感ず。

見てくれは適当でユルいだけど強い子になったはず。

投稿者 jam : 17:56

2018年04月05日

長い間・できた

そしていきなりの完成。

だって黒い布に黒い糸撮るの楽しくないんだもの。

P1250346.jpg

ホックを付けたループを留めると

P1250348.jpg

帯っぽく見えるといいなと。

P1250349.jpg

手に持つところは丈夫な帆布だけど着物のドレープ感も出したいなと。

P1250352.jpg

「家紋をどこかにちょっと入れて欲しい」とのリクエスト。

家紋らしい場所はどこかなぁと探したらここに落ち着く。

P1250344.jpg

「本を入れたい」「カタチはタテ長」とのご要望。

書店や図書館へのシャトルトートバッグ。

A4ならタテに入りB5はヨコで入る大きさ。

TOME1.jpg

メイン柄のゴージャス側。

P1250342.jpg

もう一方は前見頃裾と胸の家紋を合わせどっちも表っぽく。

ママンが手に持って床に擦らない長さの全長。

とても喜んでいただけてホッとしました。

投稿者 jam : 14:46

2018年04月03日

長い間・つづき

ひと月まえの留袖リメイクのその後。
してるのはDIYと花見だけじゃないのをたまにはアピール。

留袖の袖を使って本番と同じように試作して
もうちょっとここはこうした方が良いかもなど改良点をおさらいしていざ本番。

これでトートバッグも3個目だし痛恨の凡ミスとかどうかしませんように。

P1250313.jpg

帆布側の接ぎ合わせは三重縫いで兎に角強そうに縫う。
撮ってもふーんで見てもふーんな面白くもなんともない写真だけど備忘録的に撮る。

底板を底板材にしようか迷ったけど
布のが優しそうな気がするので内袋と同じ8号帆布で作ることに。

P1250319.jpg

四枚重ねの帆布に雑巾縫うが如く縦横無尽にひたすら鬼ミシン。

P1250321.jpg

すると板みたくなり底板の出来上がり。これでチョップしたら痛そう。

P1250326.jpg

持ち手を帆布側にこれでもかとガチャ縫いして

P1250328.jpg

いまのうちに縫っとかんとあとで困るてなとこ縫い帆布組の準備完了。

P1250330.jpg

留袖側と帆布のマチの間に底板を挟みズレない程度に手縫いで固定。

P1250331.jpg

ひっくり返して表生地が登場する時に「おー」っとテンションが上がる。

P1250335.jpg

底がデキタ。一見繊細そうな感じがイイね。

P1250337.jpg

口留めのホックは留袖とマッチする真鍮製に。
タフでハイカラなうえ手応えが気持ち良いイタリア生まれのハイクラス。

いー感じで留めて、いー感じで入口縫えば完成。

あともうすこし。


投稿者 jam : 19:49

2018年04月02日

まひるの桜

桜が見たいと公園経由でシモジマへ。

sakura_f2.jpg


葉桜パーセントが高く(ブランコで遊ぶ女の子達の笑い声がBGM)

sakura_f1.jpg

桜吹雪度も高し(ひとりが座ってひとりは立つブランコふたり漕ぎが楽しそう)

P1250318.jpg

買い物袋には余韻のおまけ。

投稿者 jam : 14:35