« 模様替え 2014・階段下の収納 | メイン | あつまるくちびる »

2014年07月14日

模様替え 2014・本箱の話

シルバーをディスプレーするつもりで革張りした茶箪笥。
めぐりめぐっていまはなぜか本箱に。
足をはみ出してカウンターの上に乗っかってる。
図鑑とか事典とか図録とかが入ってる茶箪笥の上に
MDF製のカラーボックスを2個置いて
画集とか図録とか雑誌などのクソ重たい本が入ってる状態。ナウ。
革張ってるから強そうに見えるけど元は昭和レトロな茶箪笥で背板も外してたのを思い出す。

茶箪笥の上に、元は木の固まりだったものが、天井まで乗っかってる。ということに。

・・・見れば見るほど重そうだ。

・・・なんて世間話をしていたら、そういうのにうるさそうな面々に
背面に補強の板をばってんにつけたほうが良いとか
箪笥の足をフラットに当て木して底板に変えて面で支えるようにした方が良いとか
上のMDFをヨコにして下に、茶箪笥を上に入替えたほうが良い。などとうるさく言われる。

1:周辺にディスプレーしている商品を什器ごと外す。
2:本をぜーんぶ、一日かけて整理整頓して収納したのを再度どかす。
3:コンパネ(今ちょうどある板)を切って(手のこで)茶箪笥の背板とする。
4:そうするとコンパネが正面から丸見えだから黒ベニアを切って(カッターで)お化粧。
5:重なった背板2枚を、側板に細くて長いビスで固定(ドライバーで手しか)10回。
6:タテヨコ幅も位置も変わるから、どかした本をぜーんぶ、あらためて収納しなおす。
7:什器ごと外した商品ただいま放浪中。

・・・ということに。やるしか。

投稿者 jam : 2014年07月14日 19:29