« ひかりになりました。 | メイン | CROPPED HEADSのスカジャン »

2007年01月27日

刃型

刃型とはクッキー型みたいに革を切り抜くものです。
革包丁の刃先みたいなヤツを型紙に添わせて曲げていき溶接してます。
どんな複雑な形でも作っちゃう職人技は感動的です。
それを裁断機にセットして革を抜きます。

幾何学的な形が連続するパッチワークや
鋭角だったり、えぐりが山あり谷あり急カーブの形
大量生産する時などは刃型を制作します。

革を突き合わせてパッチワークする際のわずかなズレが0.1mmだとしても
20回繰り返すと両端で2mmずつズレが生じます。
それをなるべく最小限に抑えて幾何学紋らしくなるよう刃型で精度を高めるわけです。

筆記体の英文でも作ろうと思えば作れます。
・・・が、原型の型紙は手裁断、配置して仮止めして内と外の輪郭を縫うのも手仕事。
しかも穴が空くので失敗できない。
前後の工程を考えると無茶な刃型は作れません。

ちなみに結構無茶な迷彩パッチワークは手裁断です(笑)


P1100162.jpg
  ↑
無難な長方形の刃型です(6mm×300mm)

P1100167.jpg
  ↑
幅が狭いので安定するように二本取りで制作します。

投稿者 jam : 2007年01月27日 15:18