2019年02月17日

ブラームスとアンブール

ピアノ四重奏団のコンサートチラシ。

デザインだけでなく写真まで私なのでだいぶ気恥ずかしいけれど

内容はとっても面白そうなのでご紹介。

P1270222.jpg

ブラームスピアノ四重奏全曲の演奏が聴け

コンサートホールはスピーカーなんだと体感できる

メインで始まりメインで終わるバーニングなプログラム。

アンブールはハンブルクのフランス語でハンブルクはブラームスの出身地。

ってのをチラシを作るまで知るすべもないクラシック初心者だけど

爆音にして聴いても激しく静かでストイックな音の和の不思議さ加減は大好き。


■アンブールピアノ四重奏団 1st. コンサートブラームス ピアノ四重奏曲全曲演奏会 ■

日時:2019年5月10日(金)
場所:電気文化会館 ザ・コンサートホール
(名古屋市中区栄2-2-5 東山線・鶴舞線「伏見」駅④番出口より東へ徒歩2分)
時間:開場 18:00 開演 18:45
料金:全自由席 一般 3500円 学生 2000円

投稿者 jam : 14:37

2019年02月16日

はじめての

ウチの子(MacBook Pro Mid2009)のHDDが残り5Gとなってから早一年。

その間、捨てては増え、増えては捨ててを繰り替えし
交換用の内臓HDDどれかなぁと調べつつ
ヤバイよヤバイよと思いつつ
外付けHDDにはこまめにバックアップだけはし
もしものために現在進行形はUSBメモリにも保存して

「今のお仕事が終わったら」と思っていた。

・・・ら、ある日突然うんともすんとも微動だにせず寡黙になったウチの子。
さっきまで、ついさっきまで普通だったのに、、、ねぇ、ねぇどうして?私何した?
って言いたくもなるほどすんごい唐突になった。

転がってたMac mini(Mid 2010)と余ってるMacのキーボード(テンキーなし)と
まだあったDELLのディスプレイ(2007年製)をバラバラにゲットして
もしもの時のために使えるようにはセットアップまではしていた。先月に。

オレ、九死に一生を得た。ギリギリふぅ。

はじめてのデスクトップ。
トラックパッドがないとキーボードだけでは何もできないのをはじめて知る。
ちょっとしたことをペンタブでするのは超不便なのもはじめての知った。
そっか、マウスって必要なんだね。

結果強制的にHDD交換するしかない状態に追い込まれる。
まぁ元がだめだし怖いモノはない。

はじめてのHDD交換、はじめての1TB
はじめてのT6トルクスドライバー
はじめてのOS(懐かしの10.6)再インストール
Time Machineと外付けHDD、はじめての晴れ舞台。

Apple Musicがお店もお家でも使えるようにできて
はじめてのBluetoothのマウスもペアリングできた。マウス便利。

いろんな進化はできたけど肝心のウチの子は途中でつまずき未だ復活ならず。
はじめましてができないまま焦らされ中。

Apple Musicにfor youされたオルタナプレイリストを聴いたら
ラブしたImagine Dragonsみたいなのがいっぱい入ってた。
似てるけどちげーよってのもあるけどなかなかのプレイリスト。

聴いてるとたまに「誰だろう?」と確認するアーティスト名の中に
SUPERORGANISM(スーパーオーガニズム)という多国籍バンドがいた。
面白そうとアーティスト名をクリックしてアルバムを聴く。

カッコ良いじゃん。

とりあえずApple Musicは楽しいからいっか。

P1270219.jpg


投稿者 jam : 16:42

2019年02月01日

如月です_オーダーブーツができました。

「Bulldog Derby Boots_bacic 5eye / 23.5cm」

ミネルバ・リスシオのオルテンシアとウォッシャブルダイヤパイソン黒とのコンビです。
ネイビーのダイヤモンドパイソンをパイピングに使って渋カッコ良い仕上がりに。
履きシワが付いて馴染んでったらすごく良い色になりそうです。

P1260991.jpg

P1260993.jpg

P1260994.jpg

P1260997_1.jpg

P1270004.jpg

P1270002.jpg

投稿者 jam : 21:21

2019年01月22日

Shepherd's Delight 〜羊飼いの喜び〜

「ガラスショーケースをこう置いたら対面にできるかも」

お正月を明けてふと思いつき、思いついたらすぐやってみたくなり

パンドラの箱を開ける覚悟でふたつのGケースと背面の180cmの額

それに伴う周辺什器を民族大移動的レイ変している。

年明けるとなぜかDIYするのが毎年の恒例になってるのはきっと寒いから。

そんなトンカチモードの時にマルイチストアで半端カーテン催事が。

待ってましたと物色しにいくと100円コーナーが。いえい。

ノータックで裾はロックだけ、145x250cmのカスタム用カーテン。

生地も良く元値は5000円以上して色は真っ黒。うおっマジっすか?!

・・・そんな良いのが100円の中で光っている。

「あのぅ、すんましぇん、ここに入ってるコレもホントに100円なんでせうか?」

ぬか喜びが浅いうちにと確認したら「100円です。」とあっさり。買います。

探すと同じのが3個あったので全部ゲット。大人買いしても324円。いえい。

このカーテンを皮切りに出入り口、窓、フィッティングルーム、

バックヤードの間仕切りなど目隠し系をぜんぶ入替えることにして

サイズを合わせて裾上げしたり継ぎ接ぎしたり縫い直したりレール留め直したり。

そんな甲斐甲斐しく働く自分が好き、みたいな時に完成したCDを持って来てくれた。

去年12月にデザインしていたCD紙ジャケと盤面デザインの本物がコレ。

P1270208.jpg

10曲目がタイトルのギターソロアルバムの2nd。

P1270204.jpg

デザインの依頼も嬉しいけど完成品の仕上がりが良いと喜びもひとしお。

端から見ればどってことない事でもしたいコトがやり遂げられたら幸せな気分になる。

きっと明日は良い日だと想いながら優しい気持ちでひっそり眠れる。

飄々とした静寂の中の細い陽差しのようなもの。

「羊飼いの喜び」は「羊飼いの歓び」でもあるのだ。

Shepherd's Delight_Tetsuya Yamamoto

投稿者 jam : 14:50

2019年01月18日

シガレットホルダー・髑髏の環_CHAPMANカスタム

「スーパースリムサイズでお願いします。ガチ髑髏で。」

髑髏の環(5mmスーパースリムカスタム)

ヘルメスの羅宇・ショート

髑髏の吸い口

というウチの顧客さんらしい「作るなら最初にぜんぶいっとけ」カスタムです。いえい。

P1270181.jpg

このチャップマン(リトルシガー/ドイツ)が気持ち良い手応えで入るようにします。

P1270195.jpg

完成。ぐっと入る手応えの塩梅も良い感じ。さすがDaDaさん。

髑髏の環の6mmスリム用の直向をスーパースリムサイズにカスタムということは

Φが1mm小さいのなら0.5mmの板を内側にぐるりに巻けば丁度良いはず。理論では。

んが、現実はそんな都合良くいくはずもなく削って削って微調整して都合良くしたのだそう。

この精度の高いΦ調整カスタムはずっとサービスで対応しています。

ありがとう。DaDaさんは偉い。

投稿者 jam : 16:57

2019年01月15日

オカカメラマンデー・3

早仕舞いして行ってきました池下へ。

名駅へ向かう途中で本場成人たちが道に溢れておりました。
同窓会結婚式二次会みたいで楽しそう。そしてさすが若者、声が高くてよく通る。

二回目のおかげか迷子にならず無事10分前くらいに到着。

良い表情の時にみんなのピントが合ってますように。
・・・と都合良く祈りつついつも通りなんとなぁく撮影。すんませんホント。

ikeshita.jpg

たまの歩道橋はかならず写真が撮りたくなるの図。

キンと澄んだ空気に咽せて見上げた夜空は上弦の月。キレイでした。

投稿者 jam : 17:53

2019年01月14日

今日は20時閉店のお知らせ

ハッピーマンデーにオカカメラマンをすることになり

オカカメラマンデーふたたびの今日となりました。

成人の日なのでハートだけは大人なりたてで撮りたいと思います。

数撃ちゃ当たるで奇跡の一枚がありますよーに。

今度こそ迷子にならずスムーズに辿り着けますよーに。

投稿者 jam : 16:39