2020年04月09日

夜桜と満月

sakura2020_2.jpg

人っ子ひとり

雲ひとつない

凛と輝く夜空をいただく

いつもより大きく映る満月は

いつも通りにまあるく光ってた

明日もキレイに光るはず

ごちそうさまでした

投稿者 jam : 15:21

2020年04月07日

寄り道

sakura2020_1.jpg

金比羅神社でしばし桜に浸ってみた。

由来も読む。

大国主命(オオクニヌシノミコト)が主祭神で
須佐之男命(スサノオノミコト)と
加具土命(カグツチノミコト)が配祀(はいし)として祀られているとあった。

・・・スサノオってたしかパパンだったよね
ってことは天照大神(アマテラスオオミカミ)の甥っ子かぁ。
カグツチはイザナギとイザナミの最後の子どもでパパンに殺される気の毒な火の神さま。

古事記の世界にもしばし浸る。

投稿者 jam : 17:17

2020年04月05日

スイスアーミーマン

プライムになってるのに気付き今ごろに観る。

孤独で死にそうなハンク(ポール・ダノ)と

無垢で自由な死体メニー(ダニエル・ラドクリフ)との

下品でおぞましく詩的で美しい物語。

バスと水中の映像は本当に美しい。

サントラも素晴らしく「Montage」とのシンクロは鳥肌が立つ。

「ふたりの世界」と「ハンクの現実」を隔てるものが

これを観た「私」と「私以外」にも芽生えるのも良い。


オナラでカタルシス。最高。

投稿者 jam : 18:47

2020年04月04日

さくら日和

長閑なポカポカ陽気に誘われるように

公園ルートでシモジマへ。

ブランコに揺れながら写真を撮る外国人カップル

ジャングルジムから眺めるちっちゃい女の子

撮る気満々な一眼レフと三脚なおじさま

などが各遊具で静かにニコニコしてた。

sakura2020.jpg

描いたらこんな感じにみえる風写真。

投稿者 jam : 15:30

2020年04月03日

ソーズデー

P1280155.jpg

ライフソー265と175、デコラソーとパネルソー精密目と導突目。

じわじわ増えるゼットソー。

これで集成材やメラミン化粧板やポリカや塩ビ、アクリル、竹、アルミ板が切れる。はず。

P1280165.jpg

アルミ製でクールになったソーガイドと皆褒めるバクマのパワークランプ。

この子達がいればまっずぐ切れる。はず。

よぉしと倉庫用の棚板にシナ合板の端材をいそいそと切る。

1mmくらいズレたけど受け金具にちゃんと収まり棚が増えて満足。

断面も他と区別が付かないくらいキレイ。さずが木工175。道具ってすげー。

欲しい位置にガイドを固定するのに一番苦労した。

碁盤の目みたいな模様があって滑りにくい天板か

ドラフターみたいなヤツがいると便利な気がする。

コツコツメンテしてたらもう四月。

そろそろ遠回りして桜を見かけたい今日この頃。

投稿者 jam : 14:49

2020年03月16日

シガレットホルダー髑髏の環・髑髏の目に石入れカスタム

P1280145.jpg

髑髏の目12箇所に石を入れるカスタムオーダー

青い眼ってちょっとだけ怖いところがカッコ良いんだよね。

P1280125.jpg

1.5mmの合成ブルースピネル×12個。

今回はレギュラー直向なのでベーシックな覆輪留めです。

前回のスリム直向に施したブルースピネルはで爪留めです。

P1280146.jpg

で、どうせ作るなら定番じゃないサイズにしようと全長を8cmにしました。

ここまで引くとカメラでも1.5mmを捉えるのは難しいらしくなぜかホッとするローガンズ。

P1280128.jpg

今回もホワイトウォーカー納得のブルーアイズと相成りました。

投稿者 jam : 17:11

2020年03月15日

礼儀正しい紳士的なクマ

Amazonプライムビデオでパディントン2を観る。

1も良かったけど2はもっと良かった。2なのにエラい。

パディントンはどんな時でも親切心を忘れないすげー良いヤツ。

でもクマなので悪気はないけどいろいろとヤラかす。

でも彼の親身な優しさが巡り巡ってまわりの人々を暖かく大きくして

最後は雨降って地固まる素敵なファンタジー。こういうの好き。

ヒュー・グラント演じるフェニックス・ブキャナンがサイコーに楽しい。

「About a Boy」を観て以来なので最初わからなかったけど

15年経っても愛すべきダメ男役は絶品。イケメンも健在。

パディントンの声はベン・ウィショー。

ドラマ「ホロウ・クラウン」シーズン1のリチャード2世の人だった。

ウィキってみたらなんと「白鯨との闘い」にも出演。

ってことは、ソーとスパイダーマンとスケアクロウが鯨と闘って

それをパディントンが本にするということに。

軽く観れないのでまだ観ていない。重くても観よう。

投稿者 jam : 20:47