2019年11月29日

嬉しい時には報告を・10

シガレットホルダー専門店として

先月の下旬から公開し登録しはじめたJAMJAM BASE店「jammed JAMJAM」

フォロワーが3人になって喜んでいた。

嬉しいな、告知もしてないのに見つけて貰えた、嬉しいな。

よく見つけてくれたな、嬉しいな。

でもほんとにどうやって見つけるんだろう

・・・ももももしかして身内か?!

たとえば「登録し始めたの」を聞いた一人、DaDaさんとかが

お情けでフォローしているだけなのでは。←ダークフォースにすぐ堕ちるオレ

でも嬉しいし嬉しいままでいっか。

そしたら今日、BASEから見慣れないメールが届く。

「商品購入通知:BASEショップにて商品が購入されました。」

身内じゃない人もフォローしていたと都合良く解釈することにしたオレ。いえい。

「BASEで購入できるとは知らなくて、前々から欲しかったので嬉しいです。」と

備考欄にカイテアル。何度も何度も読み返す。いえい。

この嬉しいお客さんが記念すべきBASE第一号のお客さん。

早速DaDaさんに歓びのテルテル。

「きーてDaDaさん、BASEで初注文がきたの、でねっでねっ、備考欄にねっ」

「おお、第一号ですか!探してくれる人がいるのが分かって僕も嬉しいです!」

「ね!オラもっとがんばる!!」

・・・ときゃっきゃするアラフィフ(ついこないだまでアラフォー使用)ふたり。さーせん。

前々から欲しかった人に届けることが出来て本当に良かった。

そのうち駆逐されるんじゃないかと思うようなウェブ上の善良ポリシーの中で

「村八分」にされたマイノリティなモノ達の輪郭は望んでないのに濃くなっていく。

毒にも薬にもならないものでもあって良いなら

毒でも美しいものは美しい。触れたくなるほど美しい。毒でも欲しくなる。

と好きに思って良い「我思う故に我在り」の自由な存在価値くらいは死守したい。

光の影の隅っこでそっとね。

FB_cover_2019.jpg

放置していたFBのカバーとプロフ写真を更新。

手早くJAMっぽさを出そうとしたらこうなった。

メニュー部分もわりかし気に入っている。

投稿者 jam : 19:15

2019年11月24日

「jammed JAMJAM」煙草と煙管ピックアップ専門店

合間を見てはちょこちょこ更新して今でも更新中

とりあえず検索にひっかかって欲しいので中途半端でもお披露目。

オフィシャルサイトを作ってBASEと連携予定。さむでい。

シガレットホルダーや煙管の問合せがあるたびに情報収集するのに不便を感じ

私でも不便ならそりゃみんなもっと困っただったろうに。

DaDaさんも値段とサイズ調べるのにウチの楽天サイトを使ってたしとやらなと思って早2年。

その間にBASEは良い感じに進化していた。

カスタムの問合せ等も重なり、やるなら今だとマルシェで忙しい時に勢いではじめました。

base_1.jpg

JAMJAM BASE店「jammed JAMJAM」です

ブログは過去の煙管と煙草カテゴリをコピペして

9年前の自分への感想や今を補足する形で加筆しています。

お暇つぶしに見てね。

投稿者 jam : 21:00

2019年11月11日

宴の跡

P1270958.jpg

長い長い準備と裏腹にあっという間に終る二日間。
秋晴れの気持ち良い天気になってほんとうに良かった。

慣れないよそゆきの声と笑顔でいたせいで顔がいたいし喉もいたい。
バカみたいに寝てやると思って早々に寝落ちしたのに早朝に目覚め若さを羨む。
意地でももっと寝るんだと無理繰り寝たら悪夢にうなされ後悔する100歳。

歩き過ぎのダメージが翌日も残る。
産まれたての子鹿よりもヨチヨチしとるとひとりウケる。

夕方みたいな暗さだと思ったら夕立みたいな雷と雨。
すべてを水洗いしてるように思えてすこし気持ち良い。

「明日死んじゃうじゃないかと思うくらいおばあちゃんがノリノリになって踊ってた。」
ストリートライブ会場のサルサダンスのこぼれ話を思い出し笑いする。

「モバイルのライブがすっごく良かったです」
「そこにいたの実は僕です。」
「きゃーーーっ!!!」
ふだんは穏やかなおばあちゃま方が音楽やダンスでみんなを女子にする。

缶バッジは作ったもののただ置いてあるだけのオブジェと化してしまった。
わかってたけど片手間営業はやっぱ無理だった。
残すは道はひとつ、DaDaさんとガチャガチャ作るか。←また妄想。

投稿者 jam : 17:40

2019年11月07日

たかがされど・3

パッケージの台紙作るならいっそポストカードにと制作したポストカードが届く。

P1270936.jpg

だるまちゃんコンニチハ料金別納。こき使ってごめんね。

P1270922.jpg

ライブ会場のトタンを撮ったトタンポストカードセットに。

P1270932.jpg

対接客専用POPも作る。

大昔キンブルで500円で買った鏡の残りを再利用。捨てなくて良かった。

PPに台紙入れて缶バッジ入れての久しぶりのパッケージ作業。

輸入雑貨屋時代を思い出してちょっと楽しい。

投稿者 jam : 14:30

2019年10月31日

たかがされど・2

缶バッジが届く。

絞って絞ってストリートピアノ5型、クラマル6型の全28種。

P1270891.jpg

ストリートピアノチームと

P1270894.jpg

クラマルチーム。

すっげー。いっぱい丸い。ちょっと四角い。

うん可愛いじゃん。

投稿者 jam : 18:05

2019年10月18日

たかがされど

「ストリートピアノのステッカー作って車に貼って貰いましょうよ。」
「耐水ステッカーを作って売るの?」
「ドネーションのオマケで。」
「ウチのこのラミネートステッカー上代が480円だけど何千個作るの?」
「100枚もあれば充分じゃないですかね。」

コストと流通というものをまるごと無視する夢見る乙女族を
諭したばかりになぜか缶バッジを作るハメに。おかしい。
何も知らない無邪気ってなんてたちが悪いんだ。おかしい。

「マルシェのも一緒に作りましょうよ。ロゴだけで良いじゃないですか。」

あっそれも良いかもとすぐその気になるくらい簡単に言う。
無邪気から無を外したくなるほど軽々と。
作るだけなら簡単だけど価値と在庫を作るのは簡単じゃないんだよなぁ。

作るなら出来た子達はみな誰かに欲しがられたい。
乙女の漠然としたテーマと素材を拾い集めて考える。
平行してマルシェも一応、統一感的に考えてみる。

P1270879.jpg

だんだん楽しくなってきた。
じゃあこのカラバリも増やしてこのサイズも作ったらどうだろう
だったらココをこうしたらとデザインのバリエーションも増殖していく。
おっコレ可愛いかも!というウキッと感が減ったあたりで我に返る。
絞ってプリントアウトして改めて見る。

P1270876.jpg

この中のどれをどの組み合わせて注文しようか。
売値は?どう売る?オマケか?一個か?よりどりか?
陳列と演出はどうする?
演出するなら専属の接客部隊が欲しい。
当日私は忙しい。

そもそもほんとに可愛いんだろうか。
っていうか誰も欲しがらないんじゃないだろうか。

もう四捨五入をして百なので
何も知らない無邪気が必要。

投稿者 jam : 14:27

2019年10月17日

10

「もう四捨五入をすると百なので」

という岸本佐知子のエッセイのこれではじまる壮大なユルさが気に入る。

真似したい。言ってみたい。

「四捨五入をすると明日から百」

今日使わないと明日以降いつでも使えてしまう。

いつでも使えると思うと使いたい気持ちが色褪せる気がする。

ひとり言で言ってみようか・・・大事な部分を失う気がする。

だから今日、無理矢理使うためにこのブログを書いている。

meieki.jpg

これは四捨五入して名駅。

投稿者 jam : 17:27